Way to Doctor

医師の仕事

医師と患者の信頼関係を築こう!

医師と患者の信頼関係を築くのは、普段の生活の中で人間関係を築くのと同じです。
相手の都合を無視して行動すれば、お互いの感情にもヒビが入ってしまいます。
医師も患者も、互いの人格を認め合うつき合い方が大事です。
患者のマナーとして、当日の予約変更は他の患者とのスケジュール調整が難しいので、予約の変更は前日までにするようにします。
また、初診時には、受診の理由を明瞭にして、ポイントだけを述べるようにしたいものです。
そのために、簡単なメモを作っておくのもいいでしょう。
医師が知りたいのは、どこが、どのように痛いのか、そして安静時に痛いのか、運動しているときに痛いのかなどですから、症状の説明は的確にするようにします。
つまり、いつ、どこで、だれが、何をしているときに、どんなふうに症状が起こったのかを簡潔に述べるのが問診のコツです。
そして、他の診療科を受診しているなら、どんな病気で、どのような薬剤を服用しているかを知らせなければなりません。
これは、併用に注意が必要な薬がある場合や、同じ薬を処方しないためにも重要なことです。
診察時間外に話を聞きたいときは、前もって電話などで病院側の都合を確かめてからにします。

医師の働き方について

医師は、日本中の医療機関や福祉施設、民間企業などで必要とされており、患者や従業員などの病気を治したり、健康維持を促すうえでも大きな役割を担っています。
最近では、高齢化が進んでいることもあり、地域医療などの重要性についてあらゆるところで取り上げられており、知識や経験が豊富な人材に期待が寄せられています。
医師の給料や福利厚生などの勤務条件は、とても恵まれているといわれていますが、就業先によっては長時間労働を強いられるなどの問題点が指摘されています。
そのため、転職活動を行うにあたっては、ぞれぞれの事業所のメリットやデメリットをきちんと把握することがポイントとして挙げられます。
例えば、大手の医療法人などが経営しているクリニックにおいては、勤務時間が安定していることもあり、長期間にわたって働き続けたい人にとっては、最適な仕事場として位置付けられています。
また、一般企業や検診センターなどの医師の仕事ぶりについては、情報誌などでも特集が組まれることがあり、魅力的な就業先を早いうちから探しておくことが勧められます。
もしも、就業先の選び方が分からない場合には、キャリアカウンセラーや同僚などにアドバイスをもらうことも有効です。

おすすめWEBサイト

保険相談の面談で商品券キャッシュバックキャンペーン

保険相談 商品券

お掃除等身の回りのお困りごと家の中のトラブル気軽に私たちにご相談下さい

岐阜の不用品回収なら

LED投光器、懐中電灯やワークライトなど続々入荷。

ヘッドライト

お買取りと販売を同時に行う「下取り買取」もご好評をいただいております

IWC パイロットウォッチ宅配買取 

Last update:2016/11/2

 


医師の仕事
英会話の必要性
医師の求人情報
医師との結婚について
医師の国家試験
お問い合わせ
Copyright(C) 2015 Way to Doctor. All rights reserved.